焼肉酒菜 味樹園 名駅3丁目 ~完成までの軌跡 名駅プロジェクト~ Ⅱ

■3月3日■
今日は朝から厨房機器の搬入。キッチンができると気合が入ります。
画像

店頭看板。夜は明るさについて打ち合わせ。
画像

外観。雰囲気出てきました。
画像


■3月4日■
階段吹き抜けのディスプレイスペース。
画像

昼寝を誘うVIPルーム。
画像








昨日は厨房機器が入り、今日はビールサーバーや無煙ロースターなどが

続々と搬入されてきます。

やっと店らしくなってきたというか、緊張感が増してきました。

他にも庭造作やレジ台造作等まだまだ工事は続いています。

中には壁をわざと汚して古風に見せたりする小技も光っています。

まだ完成していませんが本当にいい店ができたと思います。

いろんな方々にお話していますが、この店は細部にまでとことんこだわりました。

人に話したら"えっ"と言われる箇所までとことん。

けっしてお客様に気づかれる箇所ではない部分でもとことん。

教えても気づかれないような箇所でもとことん。

これは自己満足ではありません。

間接的に、周りから、そーっとそーっとお客様に影響していくことばかりだからです。

そこにこだわったからこうなってこうなってああなってお客様が落ち着くんじゃないかとか。

そんな遠いとこからお客様を見させていただきました。

あくまで空想ではありますが、お客様の笑顔が見えるまで考え抜きました。

それが伝わるといいです。

現時点では既存店3店舗からの集大成ではあるので、

今までよりは気が利いているのではないかと。

足りない部分はサービスでカバー。

これはどの店でもそうです。

本音を言えば店舗数に伴ってだんだん楽になっていく、そんな感じでしょうか。

それはそれできっと課題は出てくると思いますが、

あくまでも現時点での集大成は出せたつもりです。


■3月6日■

いよいよ明日は引渡し日。

今日は4日に見た時とは比べ物にならない程、店ができていました。

明日の完成が楽しみです。

今までと同様、オープン後には逆にお見せしないだろうアングルをアップします。

1F男子トイレ。
画像

2Fパントリー内。この棚は下げてきた食器をトレーごと入れておく棚です。
これもこだわりました~。
画像

トイレドアのぶ。ここは安全面にこだわった結果、こんなお洒落なものに。
画像

造作前の庭を上から。右半分は物置です・・・。
画像

大人っぽく仕上がったVIPルーム。両サイド鏡張りなので広く見えます。
画像

そのVIPの隠し扉。ちょうど頭ぶつける高さです。笑
画像

階段上のディスプレイ。デザイナーさんの腕が光ります。
画像

宴会席全貌。お好きなだけ騒いでいただけるよう、思いを込めた一部屋です。
画像

2F女子トイレ。女性らしい可愛いデザインです。
画像

2F男子トイレ。こんなにカッコいいとカッコつけて用を達したくなります。
画像




と、長らくお付き合いいただきましたが、

明日引き渡しということはここまでが完成までの軌跡となりますので、

工事途中の箇所を除いて、ご報告は以上となります。

とは言えこのブログをUPするのはオープン後なので完全に事後報告ですが・・・。



工事関係者の皆様、本当にありがとうございました。

皆様のおかげでいい店ができました。

現場の方々への感謝の意味も込めまして、

お客様に愛されるお店を創り上げていきたいと思います。



また今回の出店に関わって頂いた全ての取引業者様、

本当にありがとうございました。

皆様あっての味樹園なんだと改めて感じました。



そして日頃ご来店いただいているお客様、いつもありがとうございます。

こうして新店舗に挑めるのもお客様にご来店いただいているからこそ。

これからもご期待に添えるよう、全店舗総力をあげて励んでいきます。



最後に名駅プロジェクトに直接関わったスタッフ、

それを周りから援護してくれた既存店スタッフ。

皆がいてくれたからこそ事が進みました。

皆の力のおかげで味樹園はまたステップアップしました。

これからも皆に安心してお店を任せます。

そして美味しい食事を世に提供していきましょう。

これから名駅三丁目店は産声をあげ、新たな歴史が始まります。



目指せ!焼肉屋らしい焼肉屋!!!

この記事へのコメント

お肉大好きちゃん
2011年03月15日 20:24
宇佐美オーナー
素晴らしい記録・・・すべて読ませていただきました。

お忙しい中こんなに細く記録を残すことの大変さ
改めて、宇佐美オーナーの考えに尊敬の意を抱かせていただいております。

本日送らせて頂いたメールの返信は、またお時間がある時で大丈夫ですので困らせてしまっていたら申し訳ございません。

また、お伺いいたします★

この記事へのトラックバック