浜松繁盛店視察。

画像

画像

画像

画像

画像



画像




こちら浜松駅周辺の飲食街にある焼肉屋。

これが非常に画期的でフード全品380円均一、レモンサワー1時間500円で飲み放題というもの。

更には各テーブルに専用のサーバーを設置、お客さんにはジャンジャン自分で注げる楽しさを演出。

内部的には人件費が圧倒的に削減できるといった狙いがある。

人手不足に太刀打ちすべく対策から生まれた企画ではあると思うが、

この先こういった業態が主流になっていくのは間違いない。

しかしながら店員さんと触れ合いながらワイワイ飲むのもまた捨てたくはない。

日本の飲食文化である古き良き時代の接客シーンというものは忘れられていくのだろうか。

人手不足の中で生産性を上げていく手段として今では色々な業態がある。

回転ずしこそその始まりであり、かなり前からこうなる事態を予測していたかのよう。

今では回転焼肉、特急レーン焼肉、セルフ焼肉、タッチパネルや立ち飲み居酒屋だってその一環だ。

・・・色々考えてみるかなと思うものの、人手不足になる所はその現場にも問題がある。

まずはその不足になる原因を改善していこうと思う。

きっと改善にいち早く取り掛かっている所はそれほど困っていないのではないか。




クリエイファー、

人手不足は求職者が少ないのもあるとは思うが、

何より現場が彼らに寄り添い、いい意味で巻き込んでいない事が一番の原因だ。

雇い主として見直そうではないか。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック