5分前精神。

画像


最近オープン早々からとあるお店に行き、

定刻を過ぎても当たり前のような顔して

鍵をあけるといった場面に何度か遭遇した。

きっと世の中ではこんなことが日常なのだろう。

非常に不愉快だ。

逆に遅れた気遣いでサービス品を出してくれたお店があったが、

ほとんどはあたりまえ面・・・。



クリエイファー、

うちは大丈夫だろうか。

5分前に開けてもいいぐらい、

それがお客様に対するおもてなしの精神でもある。

定刻を1秒でも過ぎてもアウト、

ましてや外にお客様がいたらもう完全負けであり、

相手に対してこんなに失礼なことはない。

時間やルールを守れないなんて小学生以下。

従って仕事に関しては「10分前精神」を唱えたい。

10分前には全ての準備が整い万全の態勢でお客様を迎え入れる。

これこそが繁盛店における最低限の志でもある、

これぐらいができない店なんて流行るわけがない。

自分においては絶対に遅れることができない場面では30分前精神と、

少し異常なぐらい心配性です。(笑)

営業とは試合だ、

ろくな準備が整わないチームにプレーボールすらかからない。

戒めて臨もう。



"5分前精神。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。